未分類

慰謝料請求を弁護士に頼む?

困った女性配偶者の不倫が発覚して困っている人も多いようです。このようなときに頭をよぎるのが弁護士の存在ですが、日常生活から縁が無い存在だと感じる人も多いため、なかなか利用に躊躇うというケースも少なく無いようです。不倫問題に弁護士を使う場合と使わない場合のケースはどのようなものがあるのでしょうか。まず、弁護士を通さずに慰謝料を請求する場合、三つのことに気をつける必要があります。

一つは相場を踏まえた上で慰謝料を請求することです。高すぎては相手にされませんし、低すぎては損をします。
二つ目は解決までに時間がかかる可能性があるので、焦らずに交渉や訴訟をする必要があるということです
三つ目は落とし所をしっかりと見極めて、自分に対してフリな結論に甘んじることのないようにしましょう

弁護士を通すことで、まず裁判になる前に問題を解決へ導いてくれることが多くあるようです。さらに、裁判になっても適切な交渉で自分に有利な条件へ繋げてくれます。直接相手と交渉することがないため精神的な負担も軽減されます。さらに、面倒な書類の作成などもサポートしてくれるため、不慣れな点が多い法的な手続きもスムーズに行えるそうです。

弁護士を使うにしても、使わないにしても、慰謝料の請求には大きな負担がかかります。どちらを選ぶのか、自分で適切に判断することが重要です。慰謝料問題を弁護士に相談するか迷っている人に向けた記事を書かせてもらいました。是非最後までお付き合い下さい。


関連記事