未分類

もし弁護士を呼ばない場合には

基本的には弁護士を通しての手続きとなる慰謝料請求。書類の作成や証拠の準備などが必要となるので、そちらの方が良いという声も聞かれます。しかし、自身で慰謝料請求をするというときにはどのような手続きが必要となるのでしょう。

お金まず、慰謝料の相場を知っておく必要があります。相場とは掛け離れた請求をしてしまっては本気度を疑われて鼻で笑われる態度を取られてしまう可能性すらあるのです。また、相場よりも少ない金額を請求して損をしてしまうことも考えられます。適切に対応しましょう。

さらに、解決までに時間がかかる可能性もあります。相手が素直に要求を受け入れてくれればいいですが、慰謝料の支払いまでに時間がかかる場合もあります。一年以上かかったというケースもあるようですので、じっくりと根気よく交渉や訴訟をする必要があります。

最後に、自分の落とし所をしっかりと考えておきましょう。要求に意固地になることで解決までに不要な労力や時間を割いてしまうことになります。適切な落とし所を見つけて、最適な利益を勝ち取りましょう。

弁護士を使わないということで注意すべきポイントはいくつもあります。また、法律のプロである弁護士でない人が裁判に臨むことで不慣れな点も多々あると思いますので気をつけましょう。


関連記事